サイトメニュー

様々なタイプがあります

カウンセリング

意思の伝達が大切です

睡眠不足や食欲不振、何をしても意欲がわかないなどといった状態が長く続く場合には、うつ病を患っている可能性があります。意欲がわかないと言っても怠け心や甘さが原因ではなく、ストレスがきっかけとなり、脳の機能が上手く働かなくなっている状態です。日頃からものの見方が否定的になり、自分が価値の無い人間のように感じられてしまいます。この病気はいくつかの種類に分類され、症状もそれぞれに異なります。うつ病は気分障害の1つですが、大きく2つに分けられます。まずうつ状態だけが目立って見られるうつ病性障害では、典型的な大うつ病性障害と軽度の症状が長く続く気分変調性障害に分けられます。気分変調性障害ついては、はっきりしない形で発症し、比較的女性に多いのが特徴です。そして一般的に躁うつ病と言われる双極性障害は、抑うつ状態と急に明るくなる躁状態とを交互にくり返します。このような躁うつ病は長い人では数ヶ月から数年の周期で症状が変化する為、診断が難しいものの1つです。更に若い世代を中心に見られるのが非定型うつ病と言われる症状です。このタイプは、特定の事柄のみに対して抑うつ状態が発症するので、周囲の人から誤解されやすく、人間関係で問題となるケースも少なくありません。うつ病になると気分の落ち込みや理由のはっきりしない不安感、意欲がわかないなど様々な症状がみられます。自分がうつ病かもしれないと感じたらできるだけ早く医療機関で相談することが必要です。しかしどの診療科を利用したら良いのか、とまどうことがあります。一般的に病院の看板に精神科と書かれていれば、心の病全てについて治療します。また、かかりつけの内科医でも受診できるので、別の病気を考慮した上で精神科を紹介してもらうということもできます。もし身近な場所に適当な病院が見あたらない場合には、精神福祉保険センターや保健所、各自治体の相談窓口を利用するという方法もあります。これ等を利用するには、あらかじめ予約をしておく必要がありますが、適切なアドバイスが受けられる上に必要があれば医療機関の紹介もしてくれます。そして精神科では全ての患者に対して同じ方法で治療するわけではありません。心の病を扱う専門の医療機関では、一人ひとりに合った治療法を用いて社会復帰までの手助けをしてくれます。初診では、医師から症状について聞かれますが、気分の落ち込みや意欲がわかないなどの心の状態だけでなく、頭痛やめまいなどの身体的症状が見られることもあるので、詳しく伝えなければなりません。その際、本人が自覚できない症状や行動などもあるので、家族や身近な人と一緒に診察を受けた方が良い場合もあります。

Copyright© 2018 うつ病の症状について理解しよう【意欲がわかない原因】 All Rights Reserved.