サイトメニュー

陰性症状のひとつです

医者と看護師

統合失調症やうつ病が原因

統合失調症やうつ病などは、代表的な精神病のひとつですが、仕事や家事、娯楽、趣味などの意欲がわかないなどの症状が見られることがあります。統合失調症は幻覚や妄想、幻聴などの陽性症状もありますが、陰性症状には意欲がわかない、活動量の低下、興味の喪失などが見られることもあります。うつ病とは違い、本人に病識が乏しいことが多いため、意欲の低下を放置しておくと、家に閉じこもりがちになったり、洗面や入浴、着替えなども億劫になってしまうこともあります。うつ病の症状が重い時は、学校や会社などに行くのが億劫になったり、人と会うのを避けるようになることもあります。精神神経科の病院やクリニックでは、精神病の症状のひとつの意欲がわかない場合は、内服薬の治療だけでなく、デイケアなどの参加をするのを勧めたり、認知行動療法などを受けることで改善したりすることもあります。統合失調症は陽性症状の場合は、内服薬は優れた効果がありますが、陰性症状には効果が出にくい傾向があります。辛い症状で悩んでいる場合は、精神神経科の病院やクリニックで、カウンセリングなどの精神療法を受けることが大事です。基本的には精神神経科の病院やクリニックでは、保険適用の治療が受けられます。統合失調症やうつ病などの病気に罹ると、意欲がわかないなどの症状が見られることがあります。放置をしておくと、洗面や歯磨き、髪の毛のお手入れ、着替えなどの必要最小限の見だしなみも、出来なくなることもあります。精神神経科の病院やクリニックでは、仕事や家事、趣味や娯楽などに意欲がわかない場合は、カウンセリングなどの精神療法で悩みが相談できます。意欲がわかないので、外出をするのが億劫になってしまい、家にこもりがちな人には、デイケアによる治療がお勧めです。精神神経科の病院やクリニックでは、デイケアの治療はもちろん、内服薬も保険が効くのが特徴です。病気の症状が重く、日常生活に支障をきたしている場合は、市役所や役場などで障害者自立支援医療などの、申請の手続きをすることで、治療費を1割負担にしてもらえますし、デイケアの通院にも適用されます。統合失調症やうつ病などの病気は、早い段階で適切な治療を受けることで、社会復帰も可能です。意欲がわかないことで悩んでいる人は、精神神経科の病院やクリニックでは、信頼できる医師が在籍をしているので、不安や悩みを相談することが大事です。気になる症状が見られる場合は、早めに治療を始めることが大事です。

Copyright© 2018 うつ病の症状について理解しよう【意欲がわかない原因】 All Rights Reserved.